葬儀のスタイルは変化してきている

葬儀は、かつては遺族や職場関係、町内会など大勢の人が参列して行われていましたが、今では遺族とごく身近な人だけで行うようになりました。また、宗教や伝統に拘りを持たないのが現代の葬儀です。

家族葬と火葬式のプランの違い

家族葬とは

家族葬は、家族や近しい人だけで故人を送り出す葬儀です。仕事関係や町内の人には参列してもらわないので、準備にかかる時間は短くて良い分、故人との最後の時間を落ち着いて過ごせることができます。

火葬式とは

火葬式は、故人を火葬場まで直葬し、火葬だけを行う葬式です。自宅もしくは霊安室に遺体を安置して翌日以降に火葬場へ送ります。火葬前に、故人を送り出しお別れをしますが、後日親族で故人を偲ぶ会を行う人も多くいます。

葬儀社へ事前相談で安心!【慌てて決めないために】

香典

お葬式について葬儀社で事前相談が可能

最近は高齢者の単身世帯が多く、生前からお葬式について計画を立てておく人も増えてきました。各地域にある葬儀社に相談すると、生前から葬儀についての相談に応じてくれます。病気の親についての葬儀を、親族が相談するのも可能です。容体が悪化して急なことにならないように、早めに相談しておくと、葬儀の際に遺族の負担が軽くなるでしょう。特に、葬儀と重なると大変な、本人名義の金融機関の口座や公的な手続きも早めの相談がおすすめです。

もしものときのために知っておきたい!葬儀ついて気になること

線香

家族葬でかかる費用は?

家族葬の相場は、全国平均でおよそ57万9千円程です。40万円台が多いようですが、安いプランで10万円台に抑えることも可能です。葬儀費用の内訳は、施設代に葬儀の施行にかかる費用、参列者へのおもてなしや僧侶へのお布施になります。自宅に祭壇を置いて葬儀をする場合、施設代はかかりません。

広告募集中