家族葬という葬儀のスタイルが増えてきている

葬儀

葬儀の種類と費用の違い

最近では盛大な葬儀ではなく、近親者のみが参列をする家族葬が増えてきています。遺族や故人の遺志を尊重して一般の参列を控えるということも大切です。押しかけるようなことをしてはいけません。日本では仏教式で執り行うことが多いですが、中には神道、キリスト教式を選択することもあるでしょう。大阪で執り行う場合、どんな宗教、宗派にも対応をしている葬儀会社もあるので、相談をしてみると良いかもしれません。一般葬の場合にはかなり高額の費用がかかりますが、香典である程度対応をすることができるので、地域差はありますが出費は200万円以内に収まることが多いです。家族葬の場合、規模は小さくてもこだわりのある見送りになることもあり、香典も少ないことかあら100万円程度かかることもあります。

女性

家族葬の場合の葬儀の準備と当日の流れ

家族葬が増えてきており、一般葬とは違う雰囲気に戸惑ってしまうこともあるかもしれません。家族葬でも葬儀会社に連絡をして対応をしてもらう必要があります。逝去の連絡も親族のみでよいので、どこに連絡をするべきなのかという悩みもありません。大阪市内にも家族葬専門の斎場があるので、逝去をしたら安置をしてもらい、一般の通夜と同じ形で見送ることになります。もしくは読経など一切なしにして家族で故人の話をして終わるということもあります。荼毘に伏してから告別式、もしくは告別式終了後に荼毘に伏すという流れになるので、アットホームな雰囲気の中で見送ることができます。香典返しなどの面倒なことは一切ないので、楽ということもあるでしょう。

広告募集中